和歌山市アロチの花屋~深夜12時まで営業

花かんざし

 073-433-7335

営業時間・情報

0120-878-286
昼12時ー深夜12時まで営業、日祝定休
プリザーブドフラワー

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーって何?生花・アートフラワーとの違いは?

投稿日:

プリザーブドフラワーってよく耳にするけど、実際どんなお花かわからない、という方も多いと思います。今回は当店でも扱っている、プリザーブドフラワーについてご紹介します。

美しさを保つ魔法のお花?

プリザーブドフラワーの「プリザーブ」は日本語で「保存する」という意味です。プリザーブドフラワーはその名の通り、枯れることなく美しさを保つお花のことなんです。

特殊な技術で生花を加工し、みずみずしいお花の美しさを長期間楽しめます。美しさを長く保てることから、結婚式や誕生日の贈り物としても人気があります。生花と違い水やり・水替えをしなくていいので、植物の世話が苦手な人にもおすすめです。

どうして枯れないの?

プリザーブドフラワーは、生花の一番美しい時期に水分と色素を抜き取り、保存のための薬品や着色料を使用して、人工的に保存状態を保つよう作られています。時間がたつにつれて色があせてくることもありますが、保存状態が良ければ数年にわたり楽しむことができます。

アートフラワーとの違いは?

造花とも呼ばれるアートフラワーは、プラスチックや布でできた人工的なお花です。

プリザーブドフラワーは元々本物のお花を使用しているため、見た目や質感は、ほとんど生花同様のリアリティーがあります。着色料を使って色を付けることもできますので、生花にはないカラーバリエーションも魅力です。

ギフトにもぴったり

生花をもらうのはもちろん嬉しいですが、枯れていく姿を見るのは悲しい・・・という方もいますよね。

プリザーブドフラワーなら生花と違い、長期間美しさを保てる上に、水やり・水替不要の扱いやすいお花なので、ギフトにもぴったりです。お誕生日や記念の贈り物、大切な方への贈り物としておすすめです。

お花の手入れが苦手という方にも、喜ばれますよ。

取扱いには注意が必要

プリザーブドフラワーをより長く楽しむためには注意が必要です。高温多湿・極度の乾燥・直射日光が当たる場所での保管は避け、風通しの良い場所に飾りましょう。

また、決してお水はあげないでください。お水をあげてしまうと色落ちの原因になります。

プリザーブドフラワーで日常に華やぎを

美しいお花は見ているだけで心が癒されますよね。見た目も華やかなプリザーブドフラワーを飾れば、いつもの空間がぐっと華やかになり、気持ちも豊かになるはずです。

水やり不要で美しさが長持ちするプリザーブドフラワーを、生活の中に取り入れてみはいかがでしょうか。目的や予算に合わせてアレンジすることも可能です。お気軽にご相談ください。




スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • LINE
  • -プリザーブドフラワー
    -, , , , , , ,

    Copyright© 花かんざし , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.